NFT サービスの開発を支援する SaaS

スクリーンショット 2022-08-18 23.27.19.png

unWallet Enterprise は、NFT についての専門知識を持たない

開発者が NFT を活用したアプリケーションを開発するために必要な API・SDK などを提供する SaaS です。

 

unWallet(※) と連携することで、ユーザーが使い慣れたソーシャルログインで滑らかにウォレットを提供でき、シードフレーズの管理も不要です。

また、​メタトランザクションによる暗号資産レスな NFT 操作も可能となります。

利用申請を受け付けました

unWallet Enterprise の特徴

overview.png
Usability
002-smartphone.png
​ダウンロード・
インストール不要
​のウォレット

unWallet は Web アプリケーションなので、エンドユーザーにブラウザ拡張やネイティブアプリのダウンロードを要求する必要はありません。もちろん、スマホからも PC からもアクセス可能です。

006-brain.png
専門知識不要
でNFTサービスの
開発可能

​あなたのアプリケーションと unWallet との連携は、慣れ親しんだソーシャルログインと同じような感覚で行うことができます。エンドユーザーもアプリケーション開発者も、ブロックチェーンに関する高度な専門知識は不要です。

007-money.png
暗号資産の所有
を不要にする
tx 手数料代払い機能

unWallet のメタトランザクション機能を使えば、エンドユーザーのトランザクション手数料支払いをアプリケーション運営者がサポート(完全に肩代わりしたり、法定通貨で前・後払いしてもらう前提で代払いしたり)することも可能です。

Security
003-smartphone-1.png
自己主権型
​のウォレット

​エンドユーザーの秘密鍵はエンドユーザー自身が管理します。unWallet がエンドユーザーの生の秘密鍵を保管したり利用したりすることはありませんし、アプリケーション開発者がそれを行う必要もありません。

005-share.png
秘密鍵の紛失・盗難
​に対応可能

コントラクトウォレットであるunWallet は、リカバリー機能等により秘密鍵の紛失・盗難時に対応することが可能です。一般的な web サービスであってもパスワードの紛失は多発していますので、専門知識のないユーザーにとって、本機能は必要不可欠と考えられます。

004-fingerprint.png
多要素認証

unWallet を利用するためには、GoogleログインやApple ID ログインによる認証だけでなく、SMS や FIDO を活用した多要素認証をパスする必要があります。すなわち、ウォレット保有者本人以外による利用を厳しく制限することが可能です。

利用申請を受け付けました

 

​その他ウォレットとの比較

unWallet Enterprise は、エンドユーザーフレンドリー(高利便性・高セキュリティ)とデベロッパーフレンドリー(アプリケーション連携が容易)の両立を目指します。

comparison-table.png
 

​Web3のMAU課金※1

​「Web3のMAU」=「MAW(Monthly Active Wallet)」

​Web3におけるユーザーとはウォレット単位となりますので、

アクティブなウォレット数での課金形態を採用しました。

image (6).png
 

※1  Web3の MAU課金の定義

以下のいずれかに該当した場合アクティブウォレットと判定します

  • unWallet で認証を行ったユーザーのウォレット​

  • 電子署名を行ったウォレット

  • トークンの発行を受けたウォレット

  • ​​保有トークンの一覧を取得した対象のウォレット

​※2 トランザクションの発行時に、ユーザーや企業が支払う Blockchain 手数料を unWallet Enterprise が代払いし、JPY で請求を行います

​​※3 代払い手数料は無料ですがGas代は実費

​注意:

  • 支払いサイトは月末締め、翌月初旬請求書送付、翌月末払いです

  • ​​料金プランは変更する場合がございます

利用申請を受け付けました